サドルチームの連絡・冒険の報告等


by myaomyao551

<   2005年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ピヨピヨピヨ。
意外に前回の反響が良かったので、第二段も書いてみる気になったピヨ。

ここで1つ、大事なのは
『上手く戦うという事は、カッコ良く戦うという事』だピヨ。
華麗に無傷で素早く敵を倒し、快適攻略と効率UPとギャラリーのハートをゲットだピヨ!

<近接における回避・・・その2>


前回は単体相手の場合の回避を書いたので、今回は複数相手の回避だピヨ。
単体回避に比べて要素が多いので、今回は「回避をしやすい状況の組み立て」だピヨ。
前回の説明もあったし、とりあえず真正面の敵から回避する事ぐらいは出来ると思うピヨ。避けにくいのは横や後ろから来た敵の攻撃だと思うピヨ。
そこで、横や後ろから敵の攻撃が来ないように、避けやすい状況に運ぶ戦術のお話しだピヨ。


まずは、ハンターの有効戦域の理解だピヨ。
c0048078_3124573.jpg


・赤い矢印が自分、矢印の向きが正面だピヨ。
・青い範囲が、敵に対して自分が有利に戦える領域。敵を真正面にとらえているピヨ。
・緑の範囲は、こちらの攻撃も敵の攻撃も届かない範囲。でも敵を視界内にとらえているので、不意の事態にも対応できる安全位置だピヨ。
・オレンジ色の範囲は、敵が自分の視界から外れ、死角になる範囲だピヨ。近くに居れば多少見えるが、戦うには不利であり、遠くにいたとしても完全に見えない位置に居る事になるので、不意打ちを食らう危険があるピヨ。

戦術としては、なるべく敵を視界内(青か緑のゾーン)におさめる事だピヨ。
攻撃する敵は青い枠に、遠くて攻撃が及ばない敵は、出来る限り緑色の範囲におさめるようにするピヨ。


一例を挙げるピヨ。
c0048078_395489.jpg

このようなケース。向かって正面、左右に敵が散らばっているピヨ。
この場合、正面にいる敵に向かってそのまま攻撃していくと・・・・・

<ご法度:最もヤバいパターン>
c0048078_3245330.jpg

そのまま正面の敵に攻撃をしかける方法だピヨ。
最も素早い対応ではあるが、左右の敵に対して完全な無防備だピヨ。
正面の敵を攻撃している間に左右or後ろから敵に殴られ、そのまま囲まれて大変な事になるのが目に見えるピヨ。

このような状態にならないように、うまく動いて敵を誘導し、視界内におさめるのだピヨ。

<基本編:後退>
c0048078_3313452.jpg

まずは、敵がある程度近づいてくるまで、その場で待機だピヨ。
もう少しで攻撃される距離にまで近づいたら、回れ右してBダッシュ。敵の居ない方向へ一旦退避するピヨ。
ある程度距離を置いたら再び回れ右、その場で待機。敵は直線的にこちらに向かってくるので、敵が自然とかたまってくるピヨ。
このように誘導して、バラけた敵をひとまとめにすると、全てが視界内におさまりやすくなるのだピヨ。正面に敵が固まったら、ソードなりパルチザンなりで好きに料理をするがいいピヨ。

<応用編:迂回>
c0048078_3381359.jpg

基本の方法は確実ではあるが、いかんせん時間がかかるピヨ。
そこで、より効率の良い誘導をするピヨ
画面中央から真下に走り、右側と左側の敵を一気に近くに寄せるピヨ。そこから左に向かって走り、敵のグループを迂回するように走って誘導し、敵をまとめて視界内におさめるピヨ。

<上級編:駆け抜け>
c0048078_3442517.jpg

最終的には、このような動きになってくると思うピヨ。
全ての敵が視界内に入る位置、かつ敵が最も多く固まっている位置まで、最短距離で走り抜けて攻撃する方法だピヨ。最短時間で敵の集団に到達して、最短時間で敵を排除し、攻撃をしてくる敵そのものの数を減らすのだピヨ。

”駆け抜け”は少々慣れないとムズかしいかもしれぬが、最終的にはこういうスタイルになると思ってくれだピヨ。

色々と手段を挙げたが、最終的にはとにかく
c0048078_3544697.jpg

こういう具合になるのが理想だピヨ。
たとえ遠く敵がビームだろうがミサイルだろうがメギドだろうが撃ってきても、正面から飛んでくるのが見えさえすれば、回避が可能だピヨ。


敵の攻撃を避ける前に、”相手に対して自分が不利な状況から避ける”のだピヨ。
自分が有利な状況を作り、そこから敵の攻撃を回避しつつ、攻撃していくピヨ
自分の土俵で相手を意のままにするのだピヨピヨ。


ぜいぜい、疲れたピヨ。今日はここまでだピヨ。
少々見難い図だったが、カンベンだピヨ。綺麗に作ってたら夜が明けてしまうピヨ
今回はソロのケースだったが、PT戦術になるとまた違ってくるピヨ。
また気力と要望があったら、第三弾でPT戦術の回避方法でも書くピヨ。
[PR]
by myaomyao551 | 2005-04-19 04:15 | ピヨピヨコーナー

ピヨピヨハンター講座

ピヨピヨピヨ。
突然ではあるのだが、ハンターの基本戦術を語りだすピヨ。すごく基本のテクニックなのだが、意外と知らない人も多いみたいだピヨ。
新しいチームメンバも増えたし、基本戦術をおさらいする意味でも紹介するピヨ。脱ビギナー&
上級テクニシャンへの道は、基本の積み重ねだピヨ。

※注:この講座は「ピヨピヨ流」だピヨ あくまでピヨピヨ流なのでそこんとこ注意だピヨ

<近接における回避・・・その1>


基本的にハンターは”ノーダメージで敵を倒す”のだピヨ。
RAと違いHUは常に敵と至近距離で戦うので、敵の攻撃を回避する腕が重要だピヨ。
まずは敵の攻撃を回避し、次に攻撃を叩き込むピヨ。回避してから攻撃だピヨ。

c0048078_337719.jpg

黄色い枠が近接範囲(セイバーや、敵の攻撃が当たる距離)だピヨ。
赤い枠が、この枠内に入ると敵が殴ってくる範囲だピヨ。
基本的に敵はこちらを向いて近づいてくるので、距離が詰まると自然と赤枠内に入るピヨ。

ここで、
c0048078_3372826.jpg

赤枠内に入り、敵が攻撃をしかけてきた瞬間に、左右に回避するピヨ。
敵は「腕を振り上げる」⇒「腕を振り下ろす」というアクションで攻撃をしかけてくるので、腕を振り上げている間に左右に回避だピヨ。

振り下ろした頃には、敵の攻撃が当たる赤枠の外へ。
c0048078_3373688.jpg

「後ろだピヨ!!」c0048078_3374540.jpg


こうすれば、簡単に敵の後ろが取れるのだピヨ。
隙が大きく反撃を食らいやすい武器(ダガーやダブルセイバー等)でも、この方法で後ろから攻撃すれば安全だピヨ。攻撃途中に割り込まれる事も無いし、攻撃がミスっても反撃を食らいにくいピヨ。


第一回目という事で、こんなカンジで良いかしら。地味だけど重要なテクニックだピヨ。
「回避して攻撃」⇒「ノーダメージで攻撃」⇒「一方的に攻撃できる」の法則だピヨ。

第二回を書く気力があったら、複数の敵からの回避でも書こうかしら。
[PR]
by myaomyao551 | 2005-04-10 03:30 | ピヨピヨコーナー